おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

ドッキングステーションで、HDMI,VGA,電源が一気に解決!

私はMacbookProを愛用しています。

スペック、パワー、デザイン、文句なしで気に入っているのですが……一点だけ、不安に思っていることがありました。

そう、USB Type-3の差込口が2カ所しかないことです。


ここですね。

2カ所のうち、1カ所を電源で使ってしまうと、残りは一つだけ。

私は、有線のマウスを使うので、そうすると、もう差込口は終わり。打ち合わせでプロジェクターにつないだりすることがあるのですが、そういうときは、仕方がないので、電源の方を抜いていました。

ただ、私のようにBootcampでMacの領域を2分し、半分Windowsで使っていると、充電の減りが笑っちゃうぐらい早く、客先ではいつもハラハラしていたのです。

で、ドッキングハブとかドッキングステーションなんていうものがあると聞き、探しておりました。

実は、MacbookProを買ったのは、リモートワークが仕事の中心になってきたため、パワーのあるPCを、ということがきっかけでした。

なので、緊急事態が明け、客先に出るようになって初めて、このMacbookProのポートの少なさにともなう問題が、明るみとなったのです。

明るみに出る前は、とりあえずマウスと電源、それにデータの授受をするUSB3.0が同時に使えればいいと思い、それで安心していました。

こんなやつです。

しかし、本当に必要なポートは、違っていました。

要するに、私の仕事環境で本当に必要なポートは、

①USB Type-3

②USB 3.0

③HDMI

④VGA

だったわけです。これらをすべて含んでいるドッキングステーションが、これでした。

BUFFALO FLEXUS LUD-U3-CGD

感動でしたね。要するに、これ一個あれば、ゴチャゴチャといろいろ持たなくてもよいわけです。

FLEXUS LUD-U3-CGDの仕様。

この通りです。

で、ポートはこんな感じ。

価格は「オープン価格」となっており、私はヤマダ電機で5780円(税込み6358円)でした。

Amazonや楽天なんかも、一応見てみて、これが最も安値でした。

ただ、価格は変動するので、もし購入される場合は、事前にネットで確認することをお勧めします。


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252