おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

iPhone12、とりあえず期待はしよう。

Appleフリークにとっては、毎年の楽しみであるのが、WWDCとスペシャルイベントでしょう。

スティーブ・ジョブズ氏の頃から、この極めてハイセンスなイベントが、ある意味、AppleおよびApple製品のイメージを決める重要な役割を持っていました。

今回は、去る6月下旬に行われたWWDCのポイント要約と、最新のiPhone12関連情報をまとめてみたいと思います。

■WWDCとは。

Worldwide Developers Conference(ワールド ワイド ディベロッパーズ カンファレンス)の略で、邦訳では「世界開発者会議」といいます。

1990年から、基本的には毎年6月に通常5日間開催されています。その規模は特にiPhoneの登場から年々拡大し、2008年移行は、約5000枚といわれるチケットは即完売。2014年以降は抽選制となり、約18万円のチケットは、完全に超プラチナチケットとなっています。

このイベントにおけるジョブズのプレゼンテーションは、今やどこの企業でもみられ、そのあまりの露骨なパクリ具合に、ちょっと恥ずかしいぐらいですね……^^

やっぱり、オリジナルは次元が違うかっこよさ!

■WWDC 2020

要するに、以下の通りでした。

◆iOS 14関連

  • ウィジェットが(Androidのように)ホーム画面に追加可能に
  • ウィジェットを追加・カスタマイズするための「widget gallery」
  • iPhone内のアプリを探しやすい「App Library」ビュー
  • 動画のピクチャーインピクチャー
  • アプリを部分的にインストールできる「App Clip」
  • Siri起動時に全画面にならず、横長窓のオーバーレイ表示に
  • 通話とFaceTimeの着信も全画面にならず、横長窓のオーバーレイ表示に
  • 翻訳機能の追加(日本語、英語、標準中国語、仏語、独語、スペイン語、伊語、韓国語、アラビア語、ポルトガル語、露語)
  • 「メッセージ」で重要な相手を上部に固定
  • 「マップ」の自転車サポート(まずは米中の一部都市)、EV向け推奨ルート機能
  • NFCによる車のキー機能(まずはBMW 5シリーズ)

◆iPadOS 14関連

  • iOSと同様のホーム画面のウィジェット
  • iOSと同様のSiriや着信の小窓オーバーレイ表示
  • iOSと同様のメッセージの新機能
  • 「写真」や「ミュージック」での「サイドバー」の追加
  • Apple Pencilで手書きをテキストに変換(Scribble採用)
  • 検索機能の改善

◆AirPods関連

・Bluetooth接続するデバイスの自動切り替え機能および「Spatial Audio」機能

 ※Spatial(空間) Audioは、3Dサラウンドのようなもので、AirPods Proでのみ提供

  

◆WatchOS 7 関連

  • 「Sleep」(睡眠)追跡機能の追加
  • iPhoneと連携するDigital Welbeing機能「Wind Down」モード
  • 「アクティビティ」の名称が「フィットネス」になり、サイクリングとダンスをサポート
  • 「Complications」によるウォッチフェイスの細かいカスタマイズ。ウォッチフェイスの共有
  • 手洗いサポート(手を洗う動作と流水の音でユーザーが手を洗い始めたことを感知し、適切な清浄時間を音と触覚通知で知らせる)

   ※アップデートはシリーズ3以降向け。シリーズ1と2のサポートは打ち切り

◆MacOS“Big Sur”関連

次期MacのOSの名称は「macOS 11.0 Big Sur」。Big Surはカリフォルニア州のサンタルチア山脈の地名。この後発表されたAppleカスタムシリコンプロセッサ「Apple Silicon」採用のMacに最適化されている。

サポートするハードウェアは、次の通り。

  • 2015年以降のMacBook
  • 2013年以降のMacBook Air
  • 2013年以降のMacBook Pro
  • 2014年以降のMac mini
  • 2014年以降のiMac
  • 2017年以降のiMac Pro
  • 2013年以降のMac Pro

詳細は、Apple公式サイトもご参照ください。

■iPhone12関連情報

AppleのWWDC以外のイベントとしては、「スペシャルイベント」があります。これは2012年から毎年9月頃に開催されていますが、ここで新iPhoneが発表されることが多いです。ただ、今年は新型コロナの影響で、10月以降の開催になる可能性もあるといわれています。そうなると、発売は、年末ぐらいになる可能性もあるかもしれません。

ただ、なにぶんこのスケジュールについては、予測が非常に難しいため、「今のところは、Maxで年末以降の発売になるかも……」ぐらいのざっくり感に留めておくべきではないでしょうか。

次に、スペックや外観情報ですが、これはあくまでリーク情報です。

製品タイプは、4種類。

○通常モデル

  • iPhone 12: 5.4インチ
  • iPhone 12 Max: 6.1インチ

○Proモデル

  • iPhone 12 Pro: 6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max: 6.7インチ

機能やその他特徴に関する「ウワサ」をまとめると、以下の通り。

  • 全機種が5G対応
  • 大幅なデザイン変更(iPhone 5を彷彿とさせるデザインに?)
  • 不評な“ノッチ”を小型化、ベゼル幅も小さく
  • 新色ネイビーブルー
  • リフレッシュレート120Hzのディスプレイ
  • 最大3つのレンズを搭載したカメラ
    • 星空も撮影できる新しいナイトモード
  • A14 Bionic
    • 4GB(通常モデル)
    • 6GB(Proモデル)
  • 10%以上のバッテリー増量または減少
  • 認識角度が拡大した顔認証「Face ID」

ただ、カメラは、あのちょっとキモいデザインに大きな改善はなく、むしろカメラが4つに増えるなんて説もあり……これは改善されて欲しいのですが。

当初期待していた、11からの劇的な進歩という感じではない風向きが強いようですが、

とりあえず期待はしようと思います。


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252