おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

■事の経緯

ぼくは、MacbookProを愛機としておりまして、Bootcampという方法で、まぁ要するに、中身を2つに分けて、一つを完全にWindowsとして使っているワケです。

なので、相手がWindowsの場合は、こちらもWindows……みたいなことができるのですが、

相手がMacオンリーで、その取引先がWindowsオンリーの場合に、Mac側で圧縮して送ったデータがWindows側で解凍すると、ファイル名が派手に「文字化け」してる、という現象がよく起こります。

で、先日、ぼくのクライアント(=Macオンリー)から、この現象について「何かうまい解決策ってないんですかね?」とご相談いただいたわけです。

ぼく自身がMac/Winの両刀使いのため、この現象に無縁でして、「さぁ、ちょっと調べてみないと……」と答えたとき、ふと思いついたのです。

(そうだ、長男に調べさせてみよう!)

で、長男に経緯を話したところ、説明の半分ぐらいで概要を理解したらしく、

自分のMacを取り出して、カチャカチャカチャと……。

ものの5分、でした。

彼は、見事に解決策を探し出してくれたのです。

もちろん、私のPCで十分に検証してから、クライアントにお伝えしたところ、

「さすが! シゴト速いね~」

とお褒めの言葉を。

まさか、中3の息子が、5分で調べたんです、とは言えず……。

これが、デジタル・ネイティブ……しかも「スペシャル」のチカラなんだなと、

その威力に舌を巻いたのでした。

スペシャルたちのこんな能力、

ぼくたち「旧世代」のオトナたちは、ぜったいに潰してはいけないな、

いかんなく発揮させてやれる場を作ってやらないとな、

そんなことをあらためて実感したのでした。

あ、せっかくなので、以下にこのノウハウ、書いておきますね。ぼく自身の備忘録もかねて、です。

■Mac→Windowsの圧縮ファイルが文字化けしないための方法

では、結論から。

WinArchiver Lite というフリーソフトを使う、ってことです。

このソフトは、AppStoreから無料でダウンロードできるので、まずこれをMacにインストールします。

あとは、ソフトを立ち上げ、

ファイルをドラッグすると、こんな画面が出てきます。

めっちゃ重要なのは、「Windowsの言語バージョン」というところを、必ず「日本語版Windows」にするってことです!これやらないと、またWindows側で文字化けします。

あとは、大したことないです。どんどん画面に従って進んでいくと、


フツーに圧縮後のファイルが登場するので、それを送るだけです。

ポイントは、「Windowsの言語バージョン」のとこですね。お間違えなく!

以上です。


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252