おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

スティーブ・ジョブズは自ら作ったApple社を追い出された後、

ピクサーという会社を買収し、CG(コンピューター・グラフィックス)に乗り出したわけだが、このピクサーが、世界に一つの歴史を作ることになる。

そのきっかけが、たった2分の短編動画、「ルクソーJr.」だ。

初めてみたのだが、その美しさに息を呑んだ。

これは、単なるアニメーションではない。

その細部に至るまで、作者ジョン・ラセターの心の中にだけ存在していたリアルな世界が、コピーされて……いや、コピーでさえなく、現物がそのまま取り出されている。

ラセターは、この後、「ティン・トイ」という5分の短編映画を制作し、1988年のアカデミー賞短編アニメ賞を受賞する。

これが「トイ・ストーリー」の原型となるわけだが、個人的には、ルクソーJr.の方が好きかな。

何にせよ、「30年以上前にこんなクオリティのものを作ったなんて!」なんてセリフを言おうとして、代わりにため息が出てしまった。

もしジョブズが生きていたら。

「●年前に、こんな素晴らしいものを……」

そんなセリフを言わせてしまうようなものを、一体、彼はいくつ作っていたのだろう。

ジョブズがいなくなって10年。

確かにその後もAppleは、美しいもの、質のよいもの、素敵なサービスを世に出してはきた。

だが、この10年の間、製品ラインナップは基本的に変わっていないのだ。

Apple EventもWWDCも、「みたことのあるもの」しか登場せず、

今回はきっとみたことのないものが登場するかも……的なワクワク感が感じられない。

ジョブズのいない世界は、やはり退屈だ。


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252