おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

アスペルガー的気質。

簡単には惚れないんだけど、いったん惚れると、徹底して惚れ込む気質が、確かに私にはある。

ええ、多分にアスペルガー的気質ですよ。

だけじゃなく、ADHD的な気質もありますよ、自分。

ぜんぜん否定しないし、むしろそういうの「スペシャル」なんて呼んで、全肯定してます、うちの家庭文化は。

まぁそれはいいとして。

アスペルガー➕ADHD って、そりゃいずれ来ますよ。

「あの熱狂って何だったの?」

ってくらいアッサリ興味が失せる時って。

来ない時もあります。

例えば、自分の場合だと、Apple、Adidas、ARC’TRYXあたりは、もう何年も気に入ったまま、ぜんぜん愛情が失せません。

その一方で、もう記憶にも残っていないものたちは、きっと数えきれない感じがします(そんな気がする、としかいえないのです。何しろ覚えていないので)。

これ、そのまま<人間関係>にも置き換えることができるところが、コワイところですね。

例えば、私はバツイチですが、

前妻関連の記憶が、本当に、掛け値なしに、ほぼゼロです。

それは、悪意とかストレスとかそういうことではなくて、単純に「興味が失せたから」なんですよね。

興味のないものって、「過去、現在、未来、一切存在しない」ってことなんです、私の頭の中じゃ。

でも、皆さんも、

現在、未来はさて置いても、過去ってそういうトコありません?

過去って、時間が経つほど、正確さを失うでしょう? で、実はかなり自分で都合よく作っちゃったりしてません?

「過去」の扱いなんて、そんなもんです。

私の場合は、そういう「捏造」ではなくて、「全消去」するというだけのこと。

今もなお好きであり続けているApple、Adidas、ARC’TRYX。

まぁ、厳密にいえば、昔ほどの熱意はないかもな。Appleはジョブズ亡き後、イノベーションの欠如が著しいし、Adidasはひっじょおに質がいい素材と全然イケてない素材……素材の貧富差があるし、ARC’TRYXはあの完璧といえた美しいデザインが揺らいできています。

でも、それでもまだまだ許容範囲を大幅に超越しているので、しばらくは好きであり続けるでしょう。

そして、これらのブランドに共通しているのが、

「物ではなく、体験」

を提供するというコンセプト。体験というのは、ライフスタイルであったり、ストーリーであったり、

「ああ、これと接していると、なぜこんなに心が豊かになるのだろう」

という「なんか、いいよな」感ですが、

この「なんか、いいよな」感を新たに提供してくれているのが、

今は、PATGOODCAFFEなのです。

この「なんか、いいよな」感は、

企業の急成長や店舗の急拡張などによって、いともカンタンにぶっ壊れます。

どうか、そうなりませんように……。


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252