おもしろき こともなき世を おもしろく  すみなすものは “感動” なりけり

という体験

昨日のこと。

長男の高校面談の後、夫婦で銀ブラに(長男はクールにそのまま帰宅)。

銀座で妻が買い物中、ふと思い立って、Apple Storeへ。

AppleWatchのバンドと、妻に新しいiPhoneケースをプレゼント用に買おうかなと。

出入口周辺には、「ジーニアスさん」たちが。

あ、きっと今のこの時期、まだ予約客しか入れないのかもな、と思いつつ、

ダメ元でジーニアスさんの一人に近寄ると、

さすがジーニアスさん、向こうから気さくに声をかけてきた。

「今日は、ご予約はいただいておりますか?」

嫌味のない感じで、とても爽やかに。

「あ、やっぱり要予約、ですよね?」と私。

「たいへん申し訳ないのですが、今はまだそうなんですよ……」

かなり高齢のジーニアスさん。Apple Tシャツがとても似合う。ご年配でも、カッコいいなと感心していると、

「あの……今日は、お買い物ですか?」

「はい、まぁそうですね」

「今日は、店内で色々製品をご覧いただくことはできないのですが、もしご購入されるものがお決まりで、決済のみでございましたら、ご対応が可能です」

「マジですか? もう決まってます! 」

「OKです。何をお求めですか?」

「AppleWatchのバンド、スポーツタイプのやつとiPhoneSEの赤い革ケースですっ!」

私がiPhoneでAppleStoreアプリを開き、希望の商品をジーニアスさんに見せると、

「少しお待ちください」

店内に消えたジーニアスさん、ほんとに少しの時間で戻ってきた。

私は、当初、純白のバンドを伝えたのだが、ジーニアスさんが手にしたトレイに載っているのは、ベージュっぽいもの、それはその時私が装着しているバンドとほぼ同じものだった。iPhoneケースの方は、希望通りのものだ。

「確認したところ、現在、真っ白のバンドのお取り扱いがなく、白に近いものとしては、これになってしまうのですが……」

「なるほど、それだと今の僕のこれと、ほぼ同じになっちゃいますね。あ、でも、もう一つ欲しい色があるんです」

それは事実で、白と同じぐらいに欲しいのが「マリーゴールド」だった。

そのことを伝えると、ジーニアスさんは、軽快なステップでまた店内に消え……かけてすぐに戻ってきた。

「お客様、今日はさほど混雑していないようで、スタッフに手の空いている者もおりますので……よろしければ、入っちゃいます?」

素晴らしい!! もちろんそれに応じて、店内に入ると、ジーニアスさんは、そのままアクセサリー担当のスタッフさんにつなげてくれた。

2人目のスタッフさんは、1人目の方の娘ぐらい若い女性の方で、いかにもAppleが好きでたまらないオーラが全開だった。

すぐにお互いのAppleWatchに目が止まり、とりあえず挨拶がわりに相手のWatchについてヒアリング。これを私は、敬意の交換と呼んでいる。

で、実にスムーズに希望商品を購入し、ApplePayでスマート決済。

領収書もPDFをメールで。この合理性、素敵すぎる!

「お客様、今日は超ラッキーでしたね! 」

ほんとです。でも、あの初老スタッフさんのおかげです。

すでに別の顧客対応をしていたそのスタッフさんが、ちょうど対応に一段落したようだったので、店を出しなにお礼を言うと、親指を立てて満面の笑顔が返ってきた。

何て素敵な空間だろう。

こういう「体験」をAppleは提供しているのだな、と実体験できた。

このスタイルのサービスが、業種を問わずに、それも若い人たちから沸き起こっていると聞いているので、最近、なかなか楽しみになっている。

ってことで、

感動を家に持ち帰った私は、

最近「断捨離」して大型段ボール4箱分の本が消えた本棚に、

Appleコーナーを作った。

ちなみに、今回買うことができた超お気に入りのバンドは、これです。

これがまた、黒に実によく映える!


Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jbrk/www/kandouryoku/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252